倒置|目的語の強調

Spaghetti I like, but macaroni I dislike.
私はスパゲッティは好きだけど、マカロニは嫌いです。

“I like spaghetti, but I dislike macaroni.”の2つの目的語「spaghetti」と「macaroni」がそれぞれの節の先頭に出ています。このような形で目的語を強調することがあります。

・この場合は目的語の位置が変わっただけで、主語と動詞の語順はそのままですから、厳密には「倒置」とは呼びませんが、本来の英語の語順とは違うという意味で他の倒置と一緒に覚えておきましょう。

同類の表現

What she said I really don’t understand.
彼女の言ったことは私には理解できない。

That I can’t say.
そのことは私には言えない。

Cowards we have no use for.
臆病者に用はない。

His honesty I respect.
彼の誠実さを私は尊敬しているのです。

Courage we still had, but hope was a memory.
勇気こそまだあったが、希望はもはや過去のものだった。

スポンサーリンク