倒置|補語が文頭に出る場合

Happy is the man who knows his business.
幸せなのは、自分が何をすべきか知っている人だ。

“The man who knows his business is happy.”の補語である happy が文頭に出ています。この場合は主語と動詞が逆の語順になります。

・主語と動詞の順序が逆になることを「倒置」と呼びます。

・このような倒置は、主語が長くなったために英語のリズムを整える意図で起こるものです。

同類の表現

Strange was his behavior after taking that medicine.
奇妙なのは、その薬を飲んでからの彼の行動だった。

Faint grew the sound of the bell.
鐘の音がかすかになった。

Wonderful was the view from the balcony.
すばらしかったのは、そのバルコニーからの眺めだった。

Amazing was the show at the hotel.
見事だったのはそのホテルのショーだった。

So great was his astonishment that he was speechless.
彼は度肝を抜かれたので、口がきけなかった。

スポンサーリンク