仮定法 if only ~

今回は「I wish 〜(〜ならばなあ)」に only の意味を付け加えた「〜でさえあればなあ」という表現を見ていきます。

ここでは「仮定法過去」「仮定法過去完了」について理解されていることを前提でお話ししますので、まだ不安な方は「英検準2級 仮定法過去」「英検準2級 仮定法過去完了」を先にご覧ください。

まず
If only I had more free time.
「もう少し自由な時間がありさえすればなあ」
という英文です。

If only 〜 で「〜でさえあればなあ」と、現実とは違うことを願う仮定法の文が作れます。

この場合は I had more free time が If only に続いていて、動詞の had は過去形ですので仮定法過去の英文です。
仮定法過去を使うのは「今、〜でさえあればなあ」思っている場合です。

次に
If only I had taken her advice.
「彼女の助言を受け入れてさえいればなあ」
という文を見てみます。

今度は had taken と過去完了が使われていますので、仮定法過去完了ですね。
If only の後に仮定法過去完了がきた場合は「過去に~でさえあったならばなあ」という意味です。

タイトルとURLをコピーしました