完了形の分詞構文

Having been built at the beginning of the 18th century, this hall is the oldest building in my town.
18世紀の初めに建てられたので、このホールは私の町で最も古い建物です。

接続詞と主語を省略した上で、動詞を現在分詞の「~ing」に変えると「分詞構文」という形の文になります。この文では「Because it was built at the beginning of the 18th century, ~.」の接続詞「Because」と主語「it」を省略しています。

・分詞構文で主節の動詞の表す時より前の時を表す場合、「having + 過去分詞」の形を使います。上の文の場合、「建てられた」のは過去、「最も古い」という状態は現在のことなので、分詞構文の動詞である was を having been にしています。

・分詞構文になる接続詞は「because(~なので)」のほかに「while(~しながら)」「and(そして~)」「when(~したときに)」「if(もし~なら)」「although(~だけれども)」などがあります。

同類の表現

Having met her before, he recognized her at once.
以前彼女に会ったことがあったので、彼はすぐに彼女だとわかった。

Having read the book, I knew the story well.
その本を読んだことがあったので、私は話の筋をよく知っていました。

Having finished his work, Jimmy went home and took a long hot shower.
仕事を終え、ジミーは家に帰ってじっくり熱いシャワーを浴びた。

Not having studied French, I couldn’t read that book.
フランス語を勉強したことがなかったので、私はその本が読めなかった。

Having finished her homework, Cathy went to bed.
宿題を終えた後、キャシーは寝ました。

スポンサーリンク